森に求める、新しくて当たり前の価値

自分と向かうための時間に、森という環境を活用したい

こうしたニーズに対して、森と未来はTIME FOREST programを開発し、提供できる森を探しています。現在の日本は都市に人が集まる一方で、森林のある地域からは人が離れ、森林の管理が滞っています。そうした中で、私たちは都会の人を森林に連れていくことで、森林を活用し、訪れた方々と、
森と共に生きることについて考えていきたいと思っています。

地域の持っている森林を、TIME FOREST として活用しませんか?

具体的なサービス内容

地域の環境特性や独自のコンテンツを活かした、地域オリジナルのTIME FOREST Programを提供できるようプログラム開発、人材育成の支援をいたします。

・環境調査:森の調査をしてコース検討
・商品開発:地域の特徴を活かしたプログラムつくり
・人材育成:TIME FOREST コーディネーターの育成

TIME FOREST Program に理想の森

・安心して歩くことができる道がある
・森の音が聞こえる(人工音が聴こえない)
・森の香りがする(人工的な香りがしない)
・森の中で佇む(ゆっくり)ことができる